姉川先生講演のお知らせ

スピード矯正研究会に姉川先生をお招きし睡眠についてご講演いただきます。

4月25日 (木) 15時30分~
ニュー新橋ビル8階
ハロー貸会議室
会費1万円

参加ご希望の先生は、ご連絡いただけますよう宜しくお願いいたします。

姉川先生略歴

姉川 絵美子

【略歴】

2004年 北海道医療大学 卒業
2004年   久留米大学歯科口腔医療センターに入局(研修医)
2008年 同大学大学院医学研究科にて医学博士を取得
2008~2010年  Stanford大学に留学
Stanford Sleep and Circadian Neurobiology laboratoryにて研究員をしながら、
Stanford SleepDisorders Clinic (睡眠外来)及びその関連施設にて研修
2010年〜 久留米大学歯科口腔医療センター 助教

(結婚のため都内に転勤)

2010年〜 横浜市立大学医学部 口腔外科 非常勤講師 兼任
2010年〜 都内一般歯科医院や睡眠専門施設に勤務

(主人の海外赴任のためインドネシアへ転勤)

2013年〜2015年 インドネシア大学付属パルサバタン病院 研究員

(主にインドネシアへの睡眠医療の普及活動や治療アドバイザー)

2016年〜現在 千葉県浦安市 坂田歯科医院に勤務。

資格

歯科医師、医学博士、日本睡眠学会認定歯科医、日本睡眠歯科学会評議員、日本睡眠歯科学会指導医、日本睡眠学会会員、日本睡眠歯科学会会員、日本口腔外科学会会員

睡眠障害に関連する主な著書

  • Lateral cephalometric analysis of the pharyngeal airway space affected by head posture. 2008
  • 頭位が上気道幅径に及ぼす影響に関する検討. 2009
  • セファロ分析における顎矯正手術前後の上気道形態の変化. 2009
  • 下顎骨前方移動術が気道形態と睡眠時の呼吸状態に及ぼす影響について. 2009
  • アメリカにおける睡眠学の現状. 2010
  • スタンフォード大学Sleep Disorders Clinic(睡眠外来)留学記. 2010
  • Hypocretin/orexin and narcolepsy: new basic and clinical insights. 2010
  • 睡眠医療における歯科医師の役割 —小児SASへの新たな歯科矯正治療 2010
  • 食物形状の違いが睡眠および生体に及ぼす影響. 2011
  • 小児の睡眠呼吸障害の治療〜上顎急速拡大による小児OSAへの治療
  • Chronic Powder Diet After Weaning Induces Sleep, Behavioral, Neuroanatomical, and Neurophysiological Changes in Mice.