11月の論文勉強会の内容

11月の論文勉強会の内容です。
大変デリケイトな内容で柔らかく書かれていますが、要は矯正治療は歯肉退縮のリスクファクターであり、今後はこのリスクについて対応しなくてはなりません。対応策としてコルチコトミーが考えられます。

論文勉強会

なお、下記は公開論文からの引用ですが、詳細は原文をご参照ください。

ーー以下、引用ーー

歯科矯正治療患者および未治療患者における歯肉退縮:症例対照研究
Renkema AM, Fudalej PS, Renkema AAP, Abbas F, Bronkhorst E, Katsaros C. Gingival
labial recessions in orthodontically treated and untreated individuals – a pilot case-
control study. J Clin Periodontol 2013; 40: 631-637. doi: 10.1111/ jepe.12105
Abstract

目的:
歯列矯正治療中および保定時における歯肉退縮の長期的な変化を評価すること
方法:
この後ろ向き症例対照研究では、100人の歯科矯正患者(症例)および12才(T12), 15

方法:
この後ろ向き症例対照研究では、
100人の歯科矯正患者(症例)および12才(T12), 15
才(T15), 18才(T18), 21才(T21)の120人の対照の石膏モデルで歯肉後退の有無を
評価した。矯正治療群では、T12は歯科矯正治療の開始を示し、T15は動的治療の終了お
よび固定式保定装置による保定の開始を示した。対応のないt検定、フィッシャーの正確確
立検定、および二部構成のハードルモデルを用いて、矯正治療と保定が歯肉退縮に及ぼす
影響を特定した。

結果:
歯肉退縮のある被験者の割合は、対照群よりも一貫して高かった。
全体的に、歯列矯正患者のオッズ比は対照群と比較して4.48
(p <0.001; 95%CI : 2.61-7.70)
であった。

結論:
現在の研究計画の範囲内で、歯列矯正治療および/または保定期は、唇側歯肉退縮の発症
の危険因子であり得る。
歯科矯正治療を受けた被験者では、下顎切歯が歯肉後退の発症に対して最も脆弱であるようである。

歯科矯正治療患者および未治療患者における歯肉退縮:症例対照研究

J Clin Periodontol 2013; 40:631-637 doi: 10.1111 jcpe.12105
Joumal of
Clinical
Periodontology
Gingival labial recessions in
orthodontically treated and
untreated individuals: a ca
control study
Anne Marie Renkema1, Piotr S.
Fudalej1.2,3, Alianne A. P. Renkema,
Frank Abbas5, Ewald Bronkhorst6
and Christos Katsaros
Department of Orthodontics and Craniofacial
Biology, Radboud University Nijmegen
Medical Centre, Nijmegen, The Netherlands;
Department of Orthodontics and Dentofacial
Orthopedics, University of Bern, Bern,
Switzerland; 3Department of Orthodontics,
Palacký University Olomouc, Olomouc,
Czech Republic; Department of
Orthodontics, University Medical Centre
Groningen, University of Groningen,
Groningen, The Netherlands; 5Center for
Dentistry and Oral Hygiene, University
Medical Centre Groningen, University of
Groningen, Groningen, The Netherlands
Department of Community and Restorative
Dentistry, Radboud University Nijmegen
Medical Centre, Nijmegen, The Netherlands;
Renkema AM, Fudaleij PS. Renkema AAP, Abbas F, Bronkhorst E, Katsaros C. Groningen, The Netherlands;: Center for
Gingival labial recessions in orthodontically treated and untreated individuals a
pilot case-control study. J Clin Periodontol 2013; 40: 631-637. doi: 10.111I/
jcpe.12105.
Abstract

前の記事

12月の予定